2019年02月17日

雪割草 八重咲き種

昨年末から咲き始めた雪割草の中で
じらせて またせて ようやく 咲いてくれました
2A1A3342.JPG
posted by kazu599 at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミルキィクイーン プロムナード

徳島の河野メリクロンが作出した傑作
シンビジウム MK2046(3) ミルキークィーン プロムナード
2019-02-07 006.jpg

大好きなのですが・・・m(_ _)m
posted by kazu599 at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファレノプシス エクエストリス アルバ

超ミニのコチョウラン属 
ファレノプシス エクエストリス アルバ(Phal.equestris var. alba)
花弁の大きさは3p程度ですから、よく見かける花よりもさらに小型

15年ほど前に頂いた花ですが、毎年咲いてくれます
それも、先に付いている蕾の様子からも見て取れますが、
開花してから3ケ月以上も順次咲き続けますから
1K7A5133f1.jpg
(画像をクリックすると拡大されます)
posted by kazu599 at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

ハートカズラ

ガガイモ科のハートカズラ 
葉の形を知っていても、咲いている花を見たことが無い方も
花全体で10mm程度ですから、咲いているのを見逃してしまうのがしばしば
まず最初にアップを (画像をクリックすると拡大されます)
ハートカズラ.jpg

花が付いている様子を
2A1A3122.jpg

ハートカズラである、証明・・・(^_^;
2A1A3115.jpg
posted by kazu599 at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

クリスマス・ローズ

名前にクリスマスが付いているのですが、花が咲くのは毎年1月中旬以降
ローズには多くの品種があり、 その中の「ヘレボルス・ニゲル」は
ヨーロッパで花が少なくなる12月末のクリスマスの頃に花を咲かせることから、この名前が付きました。

それでも鉢植えを室内に置くと早めに咲きます
(画像をクリックすると拡大されます)
2019-01-29 045.jpg

庭植えは冬は日光にあたり、逆に夏に木陰となるような場所にすると
「悠々自適」に育ち、いっぱいの花を見せてくれます
2019-02-14 015.jpg

種が大きくならないように花柄を残して摘むと、株が大きく育ちます
それでも、少しだけ残した種から、子株があちらこちらに・・・
2019-02-14 012.jpg
posted by kazu599 at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

羅生門カズラ

羅生門葛の新芽が立ち上がってきました
名前は花の様子を渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼女の腕に似ていることからとされている。

IMG_5219.JPG

自宅にある白花 (画像をクリックすると拡大されます)
2018-04-25-003.jpg

名前の由来となった花
苗名滝への遊歩道脇に咲いていた子 (画像をクリックすると拡大されます)
2018-05-20 014.jpg
苗名滝=新潟と長野県境にあり、妙高高原自然歩道の出発点ともなっている

posted by kazu599 at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

ファレノプシス 新垣レインボーストライプ

沖縄糸満市の新垣洋蘭園が作出した Arakaki Rainbow Stripes
この子は拙宅にお輿入れしてから10年以上にもなります
ほとんど手入れすること無く、今年も元気に花を見せてくれました
(画像をクリックすると拡大されます)
Arakaki Rainbow Stripes_5210.JPG
posted by kazu599 at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファレノプシス「新垣 ピーコック」

沖縄糸満市の新垣洋蘭園が作出した Phalaenopsis Arakaki.Peacock
今年も元気に咲いてくれました

Arakaki Peacock _5212.JPG

ファレノプシス=蛾のような 意味合いがあります
「蝶と蛾」 日本では使い分けられいますが生態的には分離されていないそうです
ファレノプシス  通称:胡蝶蘭と呼ばれています
胡蝶蘭はファレノプシスの中の固有種ですが、今や代名詞ともなってしまいました

参照『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3

時間に余裕のある方はどうぞ
posted by kazu599 at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カトレア  スター・カーニバル'シリウス'

1年前にお輿入れした子
今年も元気よく咲いてくれました
リンカトレアンセ スター・カーニバル「シリウス」
Rth.Star.Carnival'Sirius (画像をクリックすると拡大されます)
Rth.Star.Carnival'Sirius'.JPG
posted by kazu599 at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

雪割草が咲きました

最初に花が立ち上がってら1ケ月以上もかかり
最初の花弁は枯れ落ちてしまいました

ピンク系 (画像をクリックすると拡大されます)
雪割草ピンク系.JPG

白糸(画像をクリックすると拡大されます) 
雪割草白糸.JPG
posted by kazu599 at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

白いカトレア

カトレア "ワルケリンター" セミアルバ 
Cattleya.Walkerinter"Semi-alba"( C.walkeriana x C.intermedia)
派手さは無いものの上品な白と透きとおった香りに癒やされます。
この子は30年ほど前にマスプロ電工主催のラン教室に参加し、その時に頂いた花
(画像をクリックすると拡大されます)
IMG_5182.JPG

前所有者 マスプロ電工社主 故端山孝氏
posted by kazu599 at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

貴婦人のスリッパとも呼ばれるラン

パフィオペディラム
この子は花弁の一部が袋状になっていることから、しばしば食虫植物に間違われますが、虫を捕えることはありません。
洋ランのなかではやや低温にも強い性質で5℃程度以上の温度で冬越しできます。
花の生育時には強光線にあてなく、弱めの日光でも生育になるよう寒冷紗で調光します。
肥料はごく薄い液肥をあげて育てています。
拙宅へお輿入れしてから20年以上にわたり、毎年、花を見せてくれます。
(画像をクリックすると拡大されます)
IMG_5187.JPG
posted by kazu599 at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

リンコスティリス・ギガンティア

リンコスティリス・ギガンテア〔Rhy. gigantea〕
(いずれもクリックすると拡大されます)

リンコスティリス属の中では比較的広く栽培されています。
拙宅では蕾の状態がブドウにも似ていることから、ブドウと呼んでいる花で
白地に紅紫色の斑点が入ります。
IMG_5183.JPG

熱帯アジア地方に広く分布する着生ランで
バンダに近い仲間のランで空気中に根を伸ばして育ちます
IMG_5184.JPG
posted by kazu599 at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

香りの良いオンシジウム

その名もツィンクル フレグランス ファンタジー(幻想的に輝く香り)
今年は体調不良で全くの手抜きでしたが
それでも小さなな華が精一杯に香りを漂わせてくれます
IMG_3078.jpg
posted by kazu599 at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

カトレア 2題

室内の洋蘭たちは毎年2月頃に咲くのですが、今年は早くてもうこんなに
他にもミニオンシジウム(Twinkle Fregrance Fantasy )が満開
そしてバルボフィラム シアメンセ も花芽を立ち上げています

10年以上前に求めた子ですが、名前を失念
1K7A5322.jpg

以下同文・・・(^_^;
IMG_5116.jpg
posted by kazu599 at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

雪割草の花が立ち上がり始めました

冬将軍の訪れが近づいてきましので、雪割草も名前通りに
(いずれもクリックすると拡大されます)
一番、最初に開きかけた ピンクの子
IMG_5124.JPG
同じ鉢に 次の花が
IMG_5125.JPG

別の鉢の白系統にも開きかけの花が
IMG_5126.JPG
この鉢も次の花が見えます
IMG_5127.jpg
posted by kazu599 at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

山茶花 富士の峰

30年ほど前に気に入って購入
小さく刈り込んでいますが、現在も元気に咲かせます
画像は2012/12/08
2012-12-08 008r.jpg
posted by kazu599 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

11月にシランが咲きました

黄色いシラン(黄花雲南小白久)が咲きました
この子は毎年6月頃に咲くのですが、入手以来 初めて11月に
これは狂い咲き?
花芽が立ち上がってきた時点で室内へ取り入れ手咲かせたためです
それでもさすがに寒い蕾4つ付けていたのですが、咲いたのは一輪
以外は落下してしまいました

画像はクリックするとおおきくなりま〜す
IMG_5096s.jpg

他の葉や葉先が枯れ始めています
この画像では見づらいのですが、鉢の左端から来春用の新芽がチラリ
しっまった・・・(;゜ロ゜)  
昨夕からは室内へ取り込まずに玄関脇に置いてあります
IMG_5086.JPG
 ↑ 画像をクリックすると新芽が確認できます


昨日のセッコク 咲いている脇に来春用の花芽が
IMG_5100s.jpg

この子はモミジに着生してあるので枯れた葉が周囲に見えます
(正面からは撮りづらい高さでした)
IMG_5098.JPG
posted by kazu599 at 06:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

カトレア

10月下旬に咲いてくれるとは・・・
10年以上も連れ添っているのに
初めての季節に咲いてくれました
順に咲くのでは無くて 一度に4輪も

クリックすると拡大されます
1K7A5174.jpg
posted by kazu599 at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

ホトトギス 白(斑入り)

白花の斑入りです
強健種で こぼれ種でも増えるし、地下茎でも・・・
シロ2018-10-05 024.jpg

知人がホトトギスのことを先天性スケベ性と呼びましたが
なるほど
この属は隣の子とすぐに交雑するから・・・(^_^;
IMG_5048.jpg
posted by kazu599 at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする